このサイトでは、お使いのブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、または Firefox に切り替えることをお勧めします。

Brillar New Flagship Store

Grand Opening Collection

Men's Jewelry Collection

Find our new collection

Brillar Jewelry

Find your favorite pieces

Charity Jewelry 2022-2023

Supporting bright futures for children

鍛造Collection

Japanese unique hammer forged rings

Brillar Collections

Modern jewelry for modern values.

Ethical Bridal Jewelry

Gemstones that match your values.

Giving back

Help others shine brighter.

Minimal Collection

Simple, understated pieces at a reasonable price.

Ethical Bridal Jewelry

Brillarのブライダルコレクションです。
二人の愛を象徴するにふさわしい、
永く愛せる良質なクオリティをお届けします。

What is Moissanite?

新世代のジェムストーン“モアサナイト” には、
耐久性、地球上の宝石で最高峰の輝き、
メンテナンスのしやすさなど、素材としての
素晴らしさがあります。

Committed to Quality

私たちの品質へのこだわり

About Brillar

新しい時代にふさわしい、サステイナブルな輝き

Brillar Made to Order

お客さまにとって、より特別なジュエリーを。
ブリジャールでは、ジュエリーのオーダーメイドを
承っています。

Stone Concierge

モアサナイトの各シェイプの特徴



News


Blog posts

【お客様インタビュー】#04 - お買い物が楽しい!買い手とのコミュニケーションがブランドを作る

今回は、Brillarと、姉妹ブランドのOHARA PEARLのアイテムをたくさんご購入いただいている、M様にお話をお伺いしました。 ―最初にBrillarのジュエリーを購入されたのはいつですか? 今から1年半ほど前、2022年の後半だったと思います。 お仕事でも使えるものをと思い、ハーフエタニティリングと、シンプルラウンドネックレスのホワイトゴールドを購入しました。カラット数はスタンダードな1カラットのものです。   ―どこでBrillarをお知りになったのでしょうか?  インスタで代表の小原さんの投稿を拝見して、素敵なジュエリーを着用されているなと思ったんです。投稿を見て行くうちに、ご自身のブランドの商品だということが分かって。それで興味を持ちました。 この投稿をInstagramで見る Iso Ohara(@iso_ohara)がシェアした投稿   ダイヤモンドよりも輝きが強いのに、ダイヤモンドよりも気軽に身につけられて、なおかつコストもかからないなんて、良い事しかないな!と思って、すごく興味を持ちました。 東京に行く機会がたまたまあったので、それで銀座の店舗の方に伺って、購入させていただいたのが最初です。   ―当時の銀座本店で実際にモアサナイトをご覧になったのですね。初めてモアサナイトをご覧になって、どう思われましたか? ファイアがすごく強いということだったので、輝きが強すぎて逆に違和感があったりしないかな?と気になっていたのですが、実際は全然違和感がなくて。私は同じくらいの大きさのダイヤモンドのジュエリーも持っていたのですが、それと比べても違和感は全くなくて、むしろとても綺麗で気に入りました。 ―実際にモアサナイトジュエリーを使ってみて、良いと思う点はございますか? 私は仕事でずっと身に着けているので皮脂汚れなども気になってしまうのですが、ふとした時に触ってみても全然輝きがくすんでいる感じもなく、お手入れがすごく楽です。 モアサナイトを購入する少し前までは、ラウンドヘイローデザインのダイヤモンドのネックレスを使っていたのですが、布などで拭かないと輝きがくすんでしまうんですよね。モアサナイトの方は、仕事をしている合間にちらりと目に入ると、いつでも輝いている感じがします。 あとは、大きなカラットのアイテムも気軽にチャレンジ出来るところがすごくいいですよね。思い切った大きさのものだと、やはりダイヤモンドの場合はかなり高価になってしまうので、傷つけないようにかなり気を使ってしまうと思うんです。 以前は、もともとハイブランドのジュエリーなんかも結構買っていたのですが、Brillarさんのジュエリーを買うようになってからは、あまり買わなくなってしまって。実は、かなり眠らせてしまっているハイブランドジュエリーもあるんです。 その点、モアサナイトは、強度はそんなに変わらないはずなのに、遠慮せずにどんどん使えます。家に帰って外したときに、テーブルの端にポンと置いたりとか(笑)。気疲れせずに日常使い出来るという点もすごく気に入っています。やっぱり、普段気軽に使えるジュエリーって良いなと思いますね。 <M様ご着用のジュエリー。お仕事でもプライベートでもご愛用くださっています> ―ありがとうございます。Brillarのジュエリーは、どんな時に購入されていますか? 私は基本、インスタをフォローさせていただいているので、インスタのストーリーズなどで気になったアイテムを見つけて購入しています。 この投稿をInstagramで見る モアサナイトジュエリー Brillar(ブリジャール)(@moissanite.brillar)がシェアした投稿 <Brillarインスタアカウントの投稿。お客様のレビューをたくさん掲載しています>...

もっと見る
最近耳にする「エシカルジュエリー」って何?メリットや特徴を徹底解説!

最近耳にする「エシカルジュエリー」って何?メリットや特徴を徹底解説!

ダイヤモンドをはじめとする様々な宝石をあしらったジュエリーは、誰もが憧れたことがあるはず。しかし、これらのジュエリーは、実は環境破壊や発展途上国における児童労働問題などを引き起こしている一面もあります。 こういった問題への認知が広まるにつれ、近年では環境などの倫理面に配慮して作られた「エシカルジュエリー」が選ばれるようになってきました。 この記事では、そんなエシカルジュエリーの特徴やメリットを解説していきます。 エシカルジュエリーとは? エシカルジュエリーとは、持続可能性を重視し、人や社会、そして環境などへの影響に配慮して作られているジュエリーで、「サスティナブルジュエリー」と呼ばれることもあります。 「エシカル(ethical)」は英語で「倫理的」という意味を持ちます。エシカルジュエリーが注目され始めている背景には、ただ見た目が美しいだけでなく、その製造過程においても洗練された商品を選びたいという消費者心理があります。SDGsなど、持続可能な社会を重視する風潮とともに、消費者が商品を選ぶ基準も少しずつ変わってきているのかもしれません。   エシカルジュエリーの種類 エシカルジュエリーといっても、ブランドによってさまざまな観点から「エシカル(倫理的)」さを取り入れています。 ここでは、エシカルジュエリーにはいったいどのような種類のものがあるのか簡単にご紹介します。   リサイクルジュエリー ジュエリーは、宝石や金属など、沢山の鉱物を使用して作られています。 鉱物は地球上の資源であり、限りがあるものです。そんな資源を使ったジュエリーの多くが、使われなくなって眠っているのも事実です。 そんな、使われなくなってしまったジュエリーなどから鉱物や宝石を再利用して作られるのが、リサイクルジュエリーです。 親族から受け継いだジュエリーをリフォームしたものや、使われなくなったシルバーなどの鉱物をリサイクルして作られたものまで様々なものがあります。 しかし、ゴールドなどの鉱物はそもそも多くのジュエリーがリサイクルを繰り返して製造されているケースも多く、リサイクルジュエリーといってもその線引きは曖昧な部分もあります。 フェアトレードの観点から作られたジュエリー 天然石や鉱石の産地となっている鉱山には、児童労働や紛争問題の温床となっているものもあると先ほど触れましたが、ジュエリーの中には、その生産者や製造過程がしっかりと管理され、証明されているものも存在します。代表的なものとしては、「フェアマインド認証ゴールド」という、国際非営利団体ARM(Alliance Responsible Mining)の認証を受けたゴールドを使用したジュエリーなどが挙げられます。 他にも、多くの宝石の産地が発展途上国にあることから、宝石の採掘や加工に関わる人々の賃金は非常に安いことがしばしば問題視されています。現地の鉱山や工場と直接提携を行い、生産者達が公正な条件下で働くことができるよう配慮されたジュエリーもあります。 しかし、大量生産が難しいことや、採掘や製造過程の管理に多くの工数を要することから、従来のジュエリーよりも値段が高くなってしまいがちなことなど、多くの課題もあります。 人工宝石を使ったジュエリー 実は、天然のダイヤモンドなどの鉱物を採掘する際には、大量の二酸化炭素の排出が起こります。また、鉱山によっては児童労働の温床になっていたり、反政府勢力の資金源となっているケースもあり、そういった社会問題と無縁の天然石だけを買い求め続けることは簡単ではありません。 そんな背景から、そういった社会問題や環境問題と無縁の人工宝石を選ぶ人が非常に多くなってきています。特にアメリカでは、日本よりも以前から人工宝石を使った婚約指輪が広まるなど、多くの人から受け入れられています。 一口に人工宝石と言っても、人工ダイヤモンドや人工エメラルド、モアサナイトなど、色も性質も特徴も異なる様々なものが存在します。  エシカルジュエリーのメリット エシカルジュエリーの大きなメリットは、エシカルジュエリーを購入することで間接的に発展途上国の経済成長や社会問題、環境問題の解決に貢献できることです。 見た目が華やかなだけでなく、社会や自然にも優しい製品を自ら選択することで、これからの社会の在り方に対して意思表示ができます。...

もっと見る

【お客様インタビュー】#03 - Brillarの世界観に惹かれて

今回のお客様は、2024年の2月に銀座本店でハートビートリングとプチムーンピアスをご購入されたF様です。   ―どんなきっかけでBrillarのことをお知りになったのでしょうか?   もともと菊地亜美さんをInstagramでフォローしていて、菊地亜美さんの着用画像や代表の小原さんとのお写真などを拝見して、Brillarさんのことを知りました。   ―Brillarを選んでくださった理由をお聞かせください。   出産後に、プッシュギフトとして自分の好きなジュエリーを買ってもらおうと思っていたのですが、長らくタイミングを逃してしまっていたんです。そんな時に、たまたま目にしたBrillarさんのインスタライブで紹介されていたのが、ハートビートリングでした。 この投稿をInstagramで見る Iso Ohara(@iso_ohara)がシェアした投稿 その際に、ハートビートリング誕生秘話を話されていて。代表の小原さんが第三子を妊娠中に、赤ちゃんの心音からインスピレーションを受けてデザインされたものだと知ったんです。それで、思い立ってすぐに銀座本店に実物を見に行き、そのまま購入しました。   実は、当時まだ子どもが小さく、私自身気持ちの浮き沈みの激しい時期でした。 ハートビートリングの由来を聞いた時に、心音のリズムと、自分の気持ちの浮き沈みが何かリンクするように感じたんです。自分の気持ちの浮き沈みも、大きな流れの一部と言うか。それを象徴にしたお守りにできればいいなと思って、このリングを選びました。 気持ちが沈むことがあっても、それは流れの一部だからまた戻ると思えるし、浮き沈みそのものを肯定できるような気がします。 子供に対して感情的になってしまいそうになっても、自分の手に着いているハートビートリングを見て、「1回落ち着こう」と思えたり、胎動を感じて子どもが生きているだけで嬉しかった時の気持ちを思い出せたりして。 このハートビートリングが今、自分の中で良いお守りになっています。   ―そんな風にBrillarのジュエリーを大切にしてくださっているなんて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!プチムーンピアスの方は、なぜご購入下さったのですか?   下の子供の名前に「月」が入っているのもあって、プチムーンピアスはずっと気になっていて。こちらも店舗で見てやはり欲しくなって、勇気を出して購入したんです。 プチムーンピアス ―F様は実際に店舗でモアサナイトを見て購入をされたと思うのですが、初めてモアサナイトを見た際はどのように思われましたか?   もともと人工ダイヤモンドのことなども調べていましたし、モアサナイトについても特に不安に思うことはありませんでしたが、やはり実物はダイヤモンドと何が違うか分からないくらいでした。 特にダイヤモンド、人工ダイヤモンド、モアサナイトなど宝石の種別にこだわりはなかったのですが、とにかくそれまでは他のブランドにピンとくるデザインが無くて。   ―そうだったのですね。デザインで選んでくださったとのこと、嬉しいです。...

もっと見る

Giving back

多くのお客様に選んでいただくことで、成長を遂げたBrillar。

その感謝の気持ちを表す手段として、Pay It Forward プロジェクトを通して、さまざまな社会貢献活動をおこなっています。

カート

購入可能な製品がなくなりました。

カートは空です。