各シェイプの特徴 – Brillar

Stone Concierge

Stone Concierge

Gemstone cuts inheriting the science and wisdom of jewelers past.
Round brillant cut

Round brillant cut

ラウンド ブリリアント カット

反射・屈折率などの特性を考慮して宝石内部の輝きを最大に引きした、最も人気のあるスタンダードなシェイプです。

Read more...

Round brillant cut

ラウンド ブリリアント カット

反射・屈折率などの特性を考慮して宝石内部の輝きを最大に引きした、最も人気のあるスタンダードなシェイプ。何世紀にもわたって職人たちが改良を積み重ねてきた、まさに至高のカット。ラウンド・ブリリアントカットの原型と言われているのは、17世紀中頃にヴェネツィアで考案されたマザラン・カットといわれています。その後、何世紀にもわたり改良が重ねられた末、1919年、宝石職人であり数学者でもあるマルセル・トルコフスキーが、反射・屈折率などの特性を考慮して最も美しく輝く型を理論的に見いだし、各ファセット(※1)の形状や角度を算出。クラウン(上部)に33面とパビリオン(下部)に25面の、全体で58面のファセットが施されているのが現在の定番です。

また、ダイヤモンドは原石の形が様々なので、カットには非常に職人の技術が問われ、そのグレードは仕上がりによってPoor~Excellentに分類されます。しかしモアサナイトの場合は、形状や質がダイアモンドに比べて安定していため、比較的カットが施しやすく、安定的にExcellentクラスのカットのストーンを作ることが可能です。 シンプルなラウンドシェイプは、婚約指輪としてはもちろん、デザインリングやネックレス、イヤリングなど、様々なジュエリーに適しています。


※1 ファセット…宝石をカットしてできる、平らな面の事。

Princess cut

Princess cut

プリンセスカット

モダンなシェイプと気品あふれる輝きから、近年人気のカット。細やかなカットがシャープに気高く凛とした輝きを放ち、モダンなデザインを好む方や男性用のリングとしても人気。

Read more...

Princess cut

プリンセスカット

モダンなシェイプと気品あふれる輝きから、近年人気のカット。細やかなカットがシャープに気高く凛とした輝きを放ち、モダンなデザインを好む方や男性用のリングとしても人気。
またシンチレーション(※1) が高く、テーブル(※2) が最も大きいのも、プリンセスカットの特徴。四隅が欠けやすいという特性もあるため、デザインや取り扱いには注意が必要。 またダイヤモンドの場合、カラーグレードの低いものを使用すると色が四隅に出てしまいがちですが、モアサナイトの場合は品質が高く均一であるため、大きなカラットで最高グレードのプリンセスカットを手軽に楽しめます。縦横比(縦の長さ÷ 横の長さ)1.0 の正方形のほか、1.5~2.0の長方形も可能。

(※1) シンチレーション:石を動かしたときのキラキラとした輝き
(※2) テーブル:上面のファセット

Emerald cut

Emerald cut

エメラルドカット

エメラルドの美しさを引き立てるために考案されたシェイプ。外周から長方形のファセットが段状に入っているため、透明感のある神秘的な輝きを放ち、開放的な広いテーブルは、まるで鏡のように光を反射します。

Read more...

Emerald cut

エメラルドカット

エメラルドの美しさを引き立てるために考案されたシェイプ。外周から長方形のファセットが段状に入っているため、透明感のある神秘的な輝きを放ち、開放的な広いテーブルは、まるで鏡のように光を反射します。
平らな面が広く、色味やインクルージョンが目立つため、使用する宝石のグレードの高さが要求されます。カラーグレード、クラリティ共に最高品質のモアサナイトならば、まるで吸い込まれるような魅力的な輝きを楽しむことが可能です。
カラット数に対し、比較的サイズを大きく見せることができるのも特徴で、伝統的な縦横比は1.3~1.6、最もポピュラーなものは1.5です。

Oval cut

Oval cut

オーバルカット

12世紀の初頭からその存在が確認されている、歴史あるシェイプ。卵のような優美な楕円は、優しく上品な雰囲気を醸し出します。クラシックなデザインが好きな方にもおすすめです。

Read more...

Oval cut

オーバルカット

12世紀初頭からその存在が確認されている、歴史あるシェイプ。 卵のような優美な楕円は優しく上品な雰囲気。クラシックなデザインが好きな方にも人気です。
世界で有名な大きなダイヤモンドのひとつ、105.6カラットのKoh-I-Noor(コヒノール)もオーバルカットが施されたもので、英国歴代女王の王冠に使用されています。
ラウンドブリリアントカットを長くしたそのシェイプは強い輝きで、細長い形がリングにした際、指を長く見せる効果があります。 一般的な縦横比は1.3~1.5ですが、細長い形か、横にぷっくりとした形かで、印象が変わるシェイプ。また、角がないためファンシーカットの中では最も割れにくい形です。

Cushion cut

Cushion cut

クッションカット

その名の通り枕のようなふんわりとした四角形で、ピローカットとも呼ばれています。ラウンドと同じブリリアントカットで角も丸いので、キラキラとした輝きを楽しみつつ、ラウンド以外の形も試してみたいという方におすすめです。

Read more...

Cushion cut

クッションカット

その名の通りクッションのようなふんわりとした四角形で、別名ピローカットとも。ラウンドと同じブリリアントカットで角が丸いので、ラウンド以外の形も試してみたい方におすすめです。16世紀半ばに考案された長い歴史を持つカットでもあり、実は20世紀初頭までは最もポピュラーなカットでした。
またファセットが大きく、宝石の透明度を際立たせるため、カラーグレードの高いモアサナイトの特性と相性が良いカット。縦横比(縦の長さ÷横の長さ)1.0の正方形のほか、1.5~2.0の長方形も可能。

Heart shape

Heart shape

ハートシェイプ

ハートは愛とロマンスの象徴ともいえる形です。細かい装飾無しでも強い存在感でコーディネートの主役となってくれるシェイプです。

Read more...

Heart shape

ハートシェイプ

ハートは愛とロマンスの象徴ともいえる形です。細かい装飾無しでも強い存在感でコーディネートの主役となってくれるシェイプです。
ブリリアントカットでもあるので、ファセットが59面と多くキラキラとした輝きと愛らしいハートの形を同時に楽しむことが可能。角の部分に色が出やすく、カットには非常に高い技術を要するので、透明度とグレードの高いモアサナイトならば安定したクオリティのものが可能に。理想的な縦横比は1.0と言われていますが、比率が1.1以上と縦長になるとシャープに、0.9程にして横幅を広げるとぷっくりとした印象に。

Marquise cut

Marquise cut

マーキスカット

上品でシャープな形は、クラシックなデザインからモダンなデザインまで、様々なジュエリーに適しています。カラット数に対する表面積が最も大きく、実際のカラット数よりも大きく見えるという特徴もあります。

Read more...

Marquise cut

マーキスカット

上品でシャープな形は、クラシックなデザインからモダンなデザインまで、様々なジュエリーに適しています。カラット数に対する表面積が最も大きく、実際のカラット数よりも大きく見えるのも特徴です。
1745年にフランスのルイ15世より「侯爵」の称号を贈られたポンパドール夫人に敬意を表し、侯爵という意味の<マーキス>と名付けられたといわれています。細長く、両端の尖った形が、ポンパドール夫人の笑った唇の形に似ていたそう。プリンセスカットと同様に、端が欠けやすいため、靭性(じんせい)に優れたモアサナイトの特性が生かせるカットとも言えます。
縦横比は、1.85~2.1と、好みによりアレンジが可能。様々なカットの中で最も細長い形のため、指を長く見せる効果が高く指輪に適しています。

Pear shape

Pear shape

ペアシェイプ

別名ティアドロップカットとも呼ばれ、ラウンドカットとマーキスカットが合わさった形。
一方の端は尖り、ボトムは丸みのある曲線で、シャープさとエレガントさを併せ持つシェイプ。縦長かつV字の角があるため、指を細長く見せる効果も。

Read more...

Pear shape

ペアシェイプ

別名ティアドロップカットとも呼ばれ、ラウンドカットとマーキスカットが合わさった形。
一方の端は尖り、ボトムは丸みのある曲線で、シャープさとエレガントさを併せ持つシェイプ。縦長かつV字の角があるため、指を細長く見せる効果も。
マーキスカットと同様に端が欠けやすいシェイプですが、靭性(じんせい)に優れたモアサナイトの特性を生かせるシェイプ。
クラシックな縦横比は1.45~1.75ですが、細長か、横にぷっくりとした形かで、印象が変わるため様々なアレンジを楽しめるシェイプ。

Radiant cut

Radiant cut

ラディアントカット

ブリリアントカットの美しい輝きとエメラルドカットのような優雅さを同時に楽しめるカット。エメラルドカットと同じく、角がカットされているため強度も高く、婚約指輪としての人気も高いシェイプです。

Read more...

Radiant cut

ラディアントカット

ブリリアントカットの美しい輝きとエメラルドカットの優雅さを同時に楽しめるカット。
エメラルドカットと同様に外周から長方形のファセットが段状に入っているため、透明感のある神秘的な輝きを放ち、開放的な広いテーブルは、まるで鏡のように光を反射します。
また、角がカットされているため強度も高く、婚約指輪としての人気も高いシェイプです。

Asscher cut

Asscher cut

アッシャーカット

1902年にジョセフ・アッシャーが開発した、シンメトリーが美しいシェイプ。エメラルドカットと同じく、広いカット面を持っているため、モアサナイトの透明さが一層引き立ち、ころんとしたフォルムが愛らしい印象も与えてくれます。

Read more...

Asscher cut

アッシャーカット

1902年、ジョセフ・アッシャーが開発したシンメトリーが美しいシェイプ。エメラルドカットと同様に広いカット面があるため、モアサナイトの透明さが一層引き立ち、ころんとしたフォルムが愛らしい印象。
同じ正方形のようでも、プリンセスカットのような尖った角がなく、四隅をカットした八角形の形をしているため、端が欠けにくく日常使いしやすいカット。

ルースサイズチャートはこちら

モアサナイトのルースサイズチャート

Moissanite_Sizechart

6カラット以上のルースサイズチャート

Moissanite_Sizechart_6ctup