Brillarの鍛造リング   
  

Brillarの鍛造リング

Tanzo_top

2022年5月11日、「鍛造ペアリングコレクション」が登場しました。
鍛造(たんぞう)とはリングの製造方法の一つです。
新たにBrillarのリングの選択肢として加わった、鍛造リングについて、そして山梨県にある提携ファクトリーで作られているBrillarの鍛造リングの魅力についてご紹介します。

今すぐ鍛造ペアリングを見る

目次

指輪の製造方法は大きく2種類

鋳造(ちゅうぞう)製法

○鋳造製法の工程

○鋳造製法のメリット

○鋳造製法のデメリット

鍛造(たんぞう)製法

○鍛造製法の工程

○鍛造製法のメリット

○鍛造製法のデメリット

Brillarの鍛造リングの魅力

鍛造リングはこんな方におすすめ!

アイテム紹介:鍛造ペアリングコレクション

指輪の製造方法は大きく2種類

指輪の製造方法には主に

鋳造(ちゅうぞう)製法
鍛造(たんぞう)製法

の2種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらの製法で作られたリングにもそれぞれの美しさがあります。

鋳造(ちゅうぞう)製法

多くの日本の指輪は「鋳造」で作られています。Brillarの指輪も、これまでは全て鋳造で製造していました。
繊細なデザインの実現が可能で、S字やV字などウェーブが描かれた指輪も作りやすいため、最近では結婚指輪の製造方法として主流になりつつあります。

鋳造製法の工程

Chuzo

ワックス(ろう)で作った原型から鋳(い)型を作り、その中に溶かした金属(プラチナやゴールドなど)を流し込みます。固まったところで鋳型を外し、出来上がったリングの表面を磨き、宝石を留めて完成させます。
詳しくは こちら

鋳造製法のメリット

金属は硬いのでそのまま複雑で繊細なデザインに加工するのは困難ですが、鋳造は溶かした金属を型に流し込む製法のため、S字やV字などの繊細なデザインも実現可能です。またコンピューターなどで立体的にモデルを作ることもできるため、さまざまなフォルムや宝石を入れ込んだ複雑で繊細なデザインも実現できるのが最大の魅力といえます。

鋳造製法のデメリット

鍛造に比べると耐久性がやや劣る点が、鋳造リングのデメリットです。
そのため、鋳造の指輪は商品の検品やきちんとしたアフターサービスが受けられるジュエリーブランドで購入することをお勧めいたします。
Brillarでは、クリーニングをはじめ、サイズのお直し、リペア・修理、石揺れ・メレ取れ修理などに対応しております。
お困りの際はお気軽にお問い合わせください。
※デザイン上、対応できないサイズお直し等もございますのでご了承ください。

鍛造(たんぞう)製法

鍛造は金属をハンマーで叩いたり伸ばしたり、鍛えながらリングを成型する製法です。 鋳造リングに比べ強度や硬度に優れているので、衝撃に強く、傷が付きにくい特徴があります。さらに表面硬度が高いので研磨したときにより輝きが増すのも大きな魅力です。

鍛造製法の工程

鍛造製法には、大きく分けて

伝統的な手作業の製法機械と職人の技術が融合したハイブリッドな製法があります。

伝統的な手作業の製法

職人が金属の塊を叩いたり伸ばしたりして棒状にし、曲げて溶接して指輪を作る方法です。熱して柔らかくした金属を鍛え、引き締めながら徐々に成形します。装飾などを施し磨き上げて、完成となります。

tanzou_koutei

機械と職人の技術が融合した
ハイブリッドな製法

Brillarの提携ファクトリーではこちらの製法を採用しています。 機械により金属を圧縮したり型抜きしたりしたのち、最後は職人の手で切削調整・仕上げ作業を行う製法です。機械と職人技術の融合により、正確で美しいフォルムを実現しながらも、最高水準の硬度をもつキズが付きにくい指輪が完成します。

  • 型抜き加工

    katanuki

    ロール機で繰り返し圧縮して均一なプレート状にした1枚のプラチナ金属板を、ドーナツ型に打ち抜いてワッシャーと呼ばれる指輪の型抜きの状態を作ります。

  • 絞り加工

    shibori

    ワッシャーをプレス機でさらに絞り込み、素材の組織をぎゅっと締めながら平打ちリングを作ります。

  • 切削成形・仕上げ・磨き

    migaki

    切削機械を職人が細かく調整しながら、リングを完成の形へ近づけていきます。さらにそこから全体バランスの調整、精緻なモアサナイトの石留めなどの仕上げ工程は職人の手によって施されます。最先端の材料科学と磨き上げた鍛造技術に熟練クラフトマンの技術が加わることにより、美しい鍛造モアサナイトリングが造り上げられます。

鍛造製法のメリット

鋳造製法に比べて変形や傷に強い指輪が完成します。また金属表面の硬度が高いため、磨くとつるりとした綺麗な輝きを放ちます。

鍛造製法のデメリット

金属に直接加工をするため、鋳造リングに比べると繊細で複雑なデザインを作るのはやや難しいという特徴があります。 また一般的な鍛造製法のリングでは、サイズ直しが難しいという問題もあります。 ですが、Brillarの鍛造リングはデザインによりサイズ調節が可能です。以下で詳しくご紹介します。

Brillarの鍛造リングの魅力

  • 日本初のモアサナイト×鍛造製法

    Brillarは日本で初めて、モアサナイトリングにプラチナ鍛造を採用しました。 モアサナイトの世界最高峰の輝きを、鍛造リングで堪能できるのはBrillarならではと言えます。

  • 独自技術による最高品質鍛造リング

    Brillarの提携ファクトリーでは、高い水準の製造技術と独自加工技術により一般的な鍛造リングよりもさらに優れた硬度の鍛造リングの制作を実現。変形にも強い弾性・靭性をもちながら最高水準の強度も備える、優れたモアサナイト鍛造リングを製造しています。 面と線の歪みがない緻密で滑らかな仕上がりのリングは、モアサナイトと共に身につける方の魅力を一層引き立ててくれます。

  • サイズ直し可能

    一般的に鍛造リングはサイズ直しが難しいとされていますが、±2号までのお直しには対応可能です。
    ※デザイン上、対応できないサイズお直し等もございますのでご了承ください。

鍛造リングはこんな方におすすめ!

tanzo03

✔️  シンプルなデザインやアームの幅が太めで硬派なイメージのリングをお探しの方

✔️ 強度にもこだわって、リングをお探しの方

✔️ 金属を圧縮し、密度を上げ強度を増すという製造技術や過程に共感される方

✔️ デザインがリンクした結婚指輪やペアリングをお探しの方

アイテム紹介
鍛造ペアリングコレクション

Brillar初の鍛造ペアリングコレクション、6ペア12デザインをご紹介いたします。

プラチナ アムール

全ては湧き上がる愛しさから始まる

甲丸で肌馴染みが良いオーソドックスなデザインです。
プラチナ アムール
プラチナ アムール インサイド

トワ -永遠ー

移ろいゆく時の中でも、変わらないふたりの気持ち

均一に施したイエローゴールドのミル打ちがアクセントとなりコンビネーションを引き立てます。
トワ リング
トワ インサイド リング

エニシ -縁ー

きっと偶然ではない、巡り合えた幸せ

両サイドにエッジを効かせたクールな平打ちリングです。
エニシ リング
エニシ インサイド リング

ツムギ -紡ー

ふたりで織りなす、新たな物語

立体感のある斜めのラインでシャープな印象に仕上げました。厚みを抑えた軽やかな着け心地です。
ツムギ リング
ツムギ インサイド リング

ヒビキ -響ー

重なり、共鳴する、ふたりの心

鍛造では珍しい2色の地金を組み合わせハンマー加工で仕上げました。
ヒビキ リング
ヒビキ インサイド リング

アサヒ -旭ー

太陽が登る地平線、新しい日々がはじまる

特殊な技法で溝部分に反射加工を施し上品な輝きをプラスしました。
アサヒ リング
アサヒ インサイド リング


今回ご紹介した「鍛造ペアリングコレクション」以外にも鍛造アイテムを続々と増やしております。

鍛造リングを見る

今後さらに拡大できるよう、工房と試作を重ねております。 新しく加わったモアサナイトと鍛造のコラボレーションをお楽しみください。